【スタンフォード式ライフデザイン】幸せになれる仕事の見つけ方

ワークスタイル
こんにちはRinです。
「これからの人生、何をしたいのか」「将来は何になりたいのか」「私はなぜこんなことをしているんだろう」と悩んだことがある人はいますか?

私自身は、学生の時から社会人の今でも考えたりします。「自分は何をして生きていけばいいのかな?」って。

ここで紹介するスタンフォード式ライフデザインは、理想の未来を設計する方法を学ぶことができます。私がこのライフデザインについて知ったきっかけは1冊の本からでした。
スタンフォード式 人生デザイン講座 (ハヤカワ文庫NF)

自分の人生の価値観や仕事に対する価値観を考えてみたり、現在の自分はどんなことにエネルギーを注いでいて、どんなことに不満を持っていて、どう生きていきたいと感じているのかをワークによって明確にすることができます。自分と向き合う機会を作ることができるんです。

実際にこのスタンフォード式ライフデザインは世界100以上の大学、教育機関がこ講座を取り入れており、有意義で生き生きとした未来を設計する人々を世に送り出しています。

このライフデザインについて、「大学生の時に知りたかったな」と感じたのが私の本音です。でも、社会人となった今スタンフォード式ライフデザインを知れて良かったと感じています。

人生の岐路に立って何らかの選択をしなければならない人、今の仕事に満足していない人、何かを変えたいけど何を変えればいいのかわからない人などぜひ読み進めてもらえればと思います。

 

スタンフォード式ライフデザインとは?

3人に2人は仕事に不満を抱えている

ある調査によると、アメリカの大卒生のうち、最終的に大学の専攻と関連する仕事を選ぶ人は全体の27%にとどまるそうです。「大学時代は人生で一番最良の時期(その後は働きづめの退屈な人生)」。実に多くの人がこの固定概念によって望み通りの人生を設計できないでいます。

毎日、成功を絵に描いたような朝を迎え、毎夜、もやもやを胸に抱えたまま眠りにつく。なにかかが足りない。道の途中で何かを忘れてきたみたいだ。一体私はどうすればいいのか。同じように感じている人々はたくさんいるのではないでしょうか。

ある調査によると、アメリカの3人に2人が仕事に不満を抱えています。

このスタンフォード式ライフデザインは「どうすれば有意義でやりがいのある人生や仕事をデザインできる後押しができるだろう」という疑問から始まりました。

「成功すれば幸せになれる」のではなく、「本当の幸せは自分に合った人生をデザインして得られるものである」という考えがスタンフォード式ライフデザインの考え方です。

また、自分が将来何をしたいのかを知る方法でもあります。

 

 

疑問の見方を変えると答えが見えてくる

人間は、人生・仕事・この世に生きる意味・目的について自問します。

・どうすれば自分の好きな仕事、愛せる仕事を見つけることができるだろうか。

・どうすれば豊かな暮らしが送れるキャリアを築けるだろうか。

・どうすえれば仕事とキャリアのバランスをとれるのか。

・どうすれば世界を変えられるだろうか。

だれでも、「将来何になりたい?」と訊ねられたことがあると思います。歳が何歳であっても、これは人生の疑問です。ここではこの疑問を別の視点にとらえ直します。

視点を転換することをリフレーミングといい、偉大なイノベーションの多くはリフレーミングにより誕生しています。

例えば、最初は新しいコーヒーブレンド、新しいタイプのコーヒーマシンなどを設計しようと思っていたが、途中でコーヒー体験の方をデザインし直すべきだと気づき、視点を切り替えたスターバックス。

あるいは、ポータブル・コンピューティングの体験を全面的にとらえ直し、iPadを考案したアップル。

ライフデザインでもこのような視点の転換をたくさん行います。なかでも最大の転換は、

「人生を完璧に計画するなんて不可能。人生に唯一の正解なんてない。だからこそ人生は面白い」

というものです。

あなたの人生は一通りではないし、その一つに、人生に生きがいを与えるような希望が詰まっています。人生はモノではなく、体験。その体験を自分でデザインして楽しむこと。それこそが生きる楽しみだといえます。

「将来は何になりたいのか?」
この疑問の見方を変えたらこうなります。
「将来どういう人間へと成長したいのか。」

この疑問に答えるのがライフデザインのプロセスになります。

ライフデザインは前進への道です。

どんどん疑問を掲げて、いまだ存在しないものをデザインしていくことが人生なのだと理解すれば、あなたの人生は今までに想像できなかったほどにキラキラ輝きます。あなたがキラキラと輝かせたいのであればの話ですが。どういう人生をデザインするかはあなた次第です。

 

人生がうまくいく5つのツール

ライフデザインで最も重要なポイントがあります。

ライフデザインは前進する道を考えるのではなく、築いていくこと。

現実の世界や現実とは無関係なあなたの楽しい妄想をたくさん思い浮かべて満足するのではなく、実際にモノ、プロトタイプ(試作品)をつくって自分自身で試し、そのプロセスをおおいに楽しむことが大事です。

「キャリアを変えたい!」という人にはおおいに助けになります。ただし、じっと座ってどこをどう変えるか考えるのではなく、一つ一つのプロトタイプをつくりながら、あなたの未来を築いていきます。あなた自身のライフデザインの難題に挑んでいくのです。

 

デザイン思考にはシンプルな5つのマインドセットがあります。このツールを使ってあなたの理想の人生をつくっていきます。

■興味を持つ(好奇心)
「好奇心」があればなにもかもが真剣に見える。もっと探ってみたいという気になる。すべて遊びになる。なにより、好奇心があると「棚にぼた上手」になれる(思いがけない幸運を得ることが上手になること)。好奇心旺盛な人は、いろいろなことに目ざとくチャンスを見つけられるだ。

 

やってみる(行動主義)
「行動主義」のマインドセットがあれば、本気で前進の道を築ける。じっとベンチに座って「これからどうしようか」「と考えるのではなくなるのだ。デザイナーはとにかくやってみる。いろいろなことを試す。次々とプロトタイプをつくり、失敗を繰り返しながら、うまくいく方法、問題の解決策を見つける。時には問題が最初に思っていたのとまったく違うことに気づくこともある。しかし、デザイナーは変化を受け入れる。特定の結果に執着したりはしない。つねに最終結果ではなく「次」を見ているからだ。

 

問題を別の視点でとらえなおす(視点の転換)
「視点の転換」はデザイナーが行き詰まりから抜け出す方法の一つだ。また、適正な問題に取り組むための手段でもある。問題の見方を変えれば、一歩後ろに下がり、自分の固定概念を彫り下げ、新しい解決策の可能性を切り開ける。

 

■人生はプロセスだと理解する(認識)
人生は波乱万丈。一歩進んで二歩下がるの繰り返しだ。間違いは犯すし、せっかくつくったプロトタイプは無駄になる。プロセスの大事な点は、最初に思いついたアイディアや次善の解決策を「断ち切る」勇気を持つことだ。そして、その混純のなかから素晴らしいデザインが生まれることもある。テフロンや瞬間接着剤はそうやって生まれた。デザイナーがどこかで失敗していなければ、こうした商品は今ごろこの世に存在しなかっただろう。デザイナーお考え方を身につけるということは、デザインがプロセスだと「認識」すること。ライフデザインは旅だ。目的地のことなんて忘れて、旅のプロセスに集中し、「次」だけに目を向けよう。

 

■助けを求める(過激なコラボレーション)
デザイン思考の最後のマインドセット「過激なコラボレーション」は、ライフデザインという点ではおそらく一番重要だ。意味は実に単純だ。あなたはひとりきりではない。優秀なデザイナーは、一流のデザインが過激なコラボレーション➖つまりチーム➖から生まれることを知っている。画家なら、吹きさらしの海岸に座ってひとりで傑作を描けるだろうが、デザイナーは吹きさらしの海岸であろうがなかろうがiPhoneはつくれない。そして、人生は芸術作品よりもデザインに近い。そう、人生も一人きりではつくれないのだ。あなたは一人きりで見事なライフデザインを思いつく必要はない。デザインは共同作業のプロセスであり、他の人が最高のアイディアを握っていたりする。

 

理想の人生を歩むには

どういう人生をデザインするのが理想なのかというと、

・あなたの人間性
・あなたの考え方
・あなたの行動

の3つがスロットマシンのようにピタリと揃う人生です。

 

本コンテツのまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事をまとめると以下のようになります。

◎スタンフォード式ライフデザインとは「成功すれば幸せになれる」のではなく、「本当の幸せは自分に合った人生をデザインして得られるものである」という考え方である。

◎人生は一通りではない。自分の人生の中の一つに、人生に生きがいを与えるような希望が詰まっています。人生はモノではなく、体験。その体験を自分でデザインして楽しむこと。それこそが生きる楽しみ。

◎ライフデザインとは、前進する道を考えるのではなく、築いていくこと。

◎重要な5つのマインドセット
・好奇心
・行動主義
・視点の転換
・認識
・過激なコラボレーション

▶スタンフォード式 人生デザイン講座 (ハヤカワ文庫NF)

▶1日6分!聞くだけで英語が話せる【ネイティブイングリッシュ】の商品購入
▶ファイン|英会話講師派遣サービスの新規契約
▶成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】

コメント