「食べる安全断食」1週間で−3kg?食べ過ぎたカラダをリセット

ライフスタイル

こんにちは。
Rin(@trybell_info)です。

あなたは、健康な生活ができていますか?

日々に追われる生活をしていると、健康のことなんか考えている間も無く、「食事は外食やコンビニばかり」なんて方も少なくないですよね。

現状コロナウイルスの影響もあり、在宅で過ごされている方も多いと思います。普段会社に行ってる方は在宅だと、通勤時間がない分少し時間に余裕があるのかなと思います。(是非この機会に余裕を作ってみて欲しいです!)

是非この機会に自分の健康について見直す機会として記事を読んでいただければ幸いです。

この記事には、「基本食事は98%外食、甘いもの大好き、お酒も大好き」
だった私が、初めて「食べる安全断食」に挑戦し、ダイエットもできて健康習慣を見直せた内容になっています。

 

きっかけ

今回、初めて「食べる断食」に挑戦!きっかけは、ロードバイクの200kmを制限時間以内に走るブルベという競技に久しぶりに出場!となったので減量しておいた方がいいなと思ったんです。

あと、新型コロナの感染拡大で家にいる時間が増えて、仕事も落ちつき余裕ができたんですよね。昔から「断食」や「デトックス」は言葉では聞いたことがりましたが、「食べる断食」については初めて知りました。(断食したことがある友人に勧められた)

モデルさんや芸能人の方が断食やデトックスを定期的にやってますよね!

私は外食が80%なので(コロナから数年ぶりに自炊開始しましたw)食生活見直し、健康にもカラダを整えるのにもいい機会だと感じスタートしたわけです。

 

断食の効果って?

断食では、脂質とたんぱく質を期間限定で控えることで、消化の負担を減らし臓器を休めつつ、代謝と胃腸の筋力を衰えさせないで機能アップができます。

有害物質や毒素を解毒・排出し、体が本来持つ力を取り戻し、健康な体や美しい肌を取り戻します。断食をして腸をスッキリさせることで腸の働きが回復。体内の古い物や悪い物を排出し、肌はキレイになり、むくみ解消、肩こりや冷え症も改善します。

体の土台を整えることがデトックスなので、代謝がよくなりダイエットにも繋がるそうですよ!

1週間から10日で体が軽くなり、食べても太りにくい体にになるそうです。専門の先生がパーソナルサポートするプログラム(日本健康食育協会監修)も提供しており、成功率は95%以上とのことです。
出典疲れない体をつくる疲れない食事』(PHP研究所刊)より一部抜粋・編集

 

 

「食べる安全断食」1日のスケジュール・メニュー

前日の準備食

全日の夜は20:00までに食事を済ませます。できるだけ消化の良いものを食べてください。いつもの食事の5~8割ぐらいで押さえておくのがポイントです。翌日からのデトックス効果を高めるため、水分は意識してたくさんとっておいてください!

1日の流れ

08:00  体重測定 / 朝食(HOT無調整豆乳25ml・植物性タンパク質錠剤)
10:30  運動(ウォーキング10km or サイクリング30km)
12:00  昼食(発酵玄米ご飯200g・梅干し一つ)
13:00  足つぼマッサージ
15:00  プレーン(貧血予防)・ヨーグルト(腸内環境を整える)
17:00  夕食(生野菜サラダ・ドレッシング)

朝食の無調整豆乳には小さじ2~3杯三温糖を入れて飲みました!これが美味しいんです!
あと、植物性タンパク質の錠剤を30粒取りました。(フラフラして倒れないようにタンパク質を取ります)私は下のリンクのスピルリナを飲んでいました。

断食期間中は代謝を上げるために必ず運動もしました。私はパソコンとむき合う時間が長いので、運動はストレス発散にもなりましたよ。今回は一緒に断食を始めた仲間がいたので運動も楽しく続けられました。

お昼は発酵玄米に梅干しを入れておにぎりにして、運動後に公園など自然があるところで食べたりしました。発酵玄米ご飯がレンジで温めるだけのものがスーパーに売っていたので気軽に手に入りましたよ。

足つぼマッサージは100均で足つぼの指圧棒を購入して、デトックス(副腎・腎臓・尿管・膀胱)/代謝促進(心臓・甲状腺・副甲状腺)のつぼ押しをやりました。
これが痛い、痛い。でも、2回ずつツボを押すだけで、翌日運動の筋肉痛も柔げてけくれました。

プレーンは1日3〜5個ぐらい食べていました。ヨーグルトは無糖です。

断食期間中カフェインは胃腸を刺激したり、体を冷やしたりすることがあるため避けて、ノンカフェインのお茶や紅茶を飲みました。

22:00~2:00の時間帯にはできるだけ就寝している方が体重は減りやすくなります。
私はいくらでも寝れるカラダなので22:00ぐらいには就寝してました(笑)
お腹が空くので早く寝るのが良いと思います。

 

効果・体験報告

体重の変化

2日目朝 ー1.1kg
3日目朝 ー0.6kg
4日目朝 ー0.5kg
5日目朝 ー0.5kg
6日目朝 ー0.1kg
7日目朝 ー0.4kg
合計    ー3.2kg

2日目朝めちゃめちゃテンションが上がりました!!!!6日目朝はー0.1なんでやねん!と突っ込みました(笑)

1週間で-3.4kg痩せると、顔まわりもスッキリしたねと言われるのと、明らかにぽっこりお腹が少しスリムになっている!!!んです!これが一番嬉しかったですね。

やっぱり初日は辛かったです。
「断食終わったら〜食べよう」ばっかり考えて過ごしていました…。

2日以降からは断食メニューにも慣れてきたので、特に辛くもなく過ごせました。

断食中は普段より食事の摂取が少ないので、冷えやすかったです。暖かいノンカフェインのルイボスティーをよく飲んでいました。免疫力も下がるので体調管理気をつけてくださいね!

体脂肪の変化

2日目朝 ー0.8%
3日目朝 ー0.4%
4日目朝 ー0.4%
5日目朝 ー0.4%
6日目朝 ー0.1%
7日目朝 ー0.3%
合計    ー2.4%

体脂肪が落ちましたが、体の筋肉量は落ちずに増えていました。いつものデニムのウエストゆるくなりました(笑)

回復食

断食で臓器は休んでいる状態です。そこから徐々に慣れさせるため、断食期間と同じ7日間かけて消化に良いものを食べるようにします。「まごにやさしい」食品をみて少しずつ量も増やしていきました。

回復食に適した食品「まごにやさしい」

ま:豆類、納豆、豆腐
ご:ごま、ナッツ
わ:わかめ、もずく、めかぶ、海藻
や:野菜
さ:良質な魚
し:しいたけ、きのこ類
い:芋、穀物

 

「食べる安全断食」その後は?

回復食〜2週間後の変化

回復食3日目までは1日あたり0.4〜0.6gほど増えました。それからは毎日減ったり、増えたりの繰り返しで、回復食〜2週間たった今は断食前に比べ−1.9kgです。

結果、断食が終わっても断食前と比べて約2kg減っています!!

今回初めての断食だったのですが、「3食食べれる」のでストレスがあまりなかったです。冷えるのは辛かったですね。

また、断食後の生活が見直せてそれが継続できているのでリバウンドも防げたのだと思います。断食が終わってからも朝8時には必ず体重を測っていますし、ご飯は玄米を食べるようにしています。17時にできるだけ夕食も早めにとるようになり、間食も果物かお芋になりました。

この下のリンクの玄米はレンジでチンして食べれるので本当に便利ですし、美味しいんです!!今でもモリモリ食べています(笑)スーパーにないことも多かったのでアマゾンでまとめ買いしてストックしています。

 

さいごに

今回の食べる断食を経験して、その後は食事のバランスに気を使うようになり、「お腹いっぱい食べる」ことがほとんどなくなりました。お酒も飲める方なんですが、まだ飲んでません..(アル中だと思うくらいよく飲んでました…w)

食べる断食は生活習慣の改善にもとても効果的だと感じました!あと私は断食でお肌の調子がすごく良くなりました!!

今回の食べる安全断食は、仕事も普通に支障なく通常通りできたのでその点もよかったです。

是非皆さんも体のデトックスこの機会にやってみてはどうでしょうか?

この記事が気にいったら フォローしてね
最新情報お届けします☺
ライフスタイル
シェアする
Rin Miyakeをフォローする
Rin blog

コメント