【日本の階級社会は進行中】あなたは未来のために今を生きてる?

未来のこと

こんにちはRinです。

「毎日生きるのが大変な人」「仕事が忙しすぎて余暇の時間がない人」

など、現在のライフスタイルに悩んでいる人はいますか?仕事は辞めたいけれど、生きていくためにはお金は必要だから働くしかありませんよね。

今回はそんな毎日を頑張っているあなたに、未来にフォーカスして生きてくことの大切さを記事にまとめてみました。

この記事を読み進めてもらい、自分の未来について考え、より良い未来を作るために今を生きて欲しいと考えています。

 

アンダークラス1,000万人の階級社会

日本人は「格差拡大」の深刻さをわかっていない

コロナ後の「新階級社会」で格差拡大は加速する。
新型コロナウィルスの感染は続いているものの、多くの人々は「普通」の生活を次第に取り戻しつつある。そんな「ウィズ・コロナ(withコロナ)」の社会状況を前に「このまま放っておくと、格差拡大が加速する」と警鐘を鳴らす社会学者がいる。 早稲田大学の橋本健二教授  早稲田大学人間科学学術院の橋本健二教授だ。『アンダークラス 新たな下層階級の出現』『新・日本の階級社会』などの著書を持つ橋本教授は、コロナ後のどこに危機感を抱いているのか。

「リーマンショックから何も学んでいない」  橋本教授は、資本主義社会のいちばん下に位置してきた労働者階級のさらに下に、より雇用が不安定で低賃金の非正規雇用労働者らで構成される「アンダークラス」が日本で生まれたと指摘している。これによって極端な格差が構造的に固定されるようになり、そうした状態を「格差社会」を超えた「階級社会」と定義し、その解消を訴えてきた。  橋本教授は、コロナ後の社会で最大の懸念は雇用だと言う。とりわけ、非正規労働者の状況を危ぶむ。

 「(コロナで)最も被害を受けているのは、非正規労働者です。雇用がどんどん切られている。今のところは休業で済んでいる人もいますが、期限が来たら雇い止めになる人が相当程度出てくると思います」兆候はすでに表れているという。厚生労働省が毎月発表している「労働力調査」によると、非正規労働者は近年、2100万人台で推移してきた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された今年4月は前月より131万人も急減し、2019万人に落ち込んだ。前年同月比で5%、前月比で6%の減少になる。非正規労働者が「雇用の調整弁」になっていることが明らかだ。

 「リーマンショックのときも非正規労働者は真っ先に被害に遭いました。それが、再び繰り返されているということです。政府や企業がリーマンショックから何も学ばず、非正規労働者の身分保障を一切してこなかった、議論が全然進んでこなかった。それが露呈していると言っていいでしょう」  「社会の機能を守るために最前線に立つ『エッセンシャルワーカー』についても、医療専門職の中の正規雇用を除くと、多くが低賃金で非正規雇用といった不安定な立場です。現場に出ざるをえないがゆえにコロナ感染のリスクも高いのに、コロナ禍で、いざというときに国は助けてくれないことが明らかになりました。今後、エッセンシャルワーカーの分野では大変な人手不足に陥り、介護分野などは維持できなくなる可能性が高いです」

引用 東洋経済ONLINE

以上の記事では、より雇用が不安定で低賃金の非正規雇用労働者らで構成される「アンダークラス」が日本で生まれたと指摘しています。

下の図で見てもらうと分かるように、「アンダークラス」と呼ばれる階級は、年収が186万円、女性比率は43.3%、貧困率38.7%、女性の未婚率56.1%となっています。
そんなアンダークラスが、もう既に929万人も存在しているのです。労働人口約5400万人中の929万人ですが、2025年には1000万人になるといわれています。

私は、「アンダークラス」と呼ばれる年収186万円の人がこんなにもいることに驚愕しましたし、非常に恐ろしかったです。

非正規雇用の人はアンダークラスになる確率が高い。コロナによって今は休業となっている人も今後、いつリストラされてしまうか分かりません。

個人的な見解から行くと、コロナウイルスによってもう既に1000万人になっているのではないかとも考えています。

2020年7月の企業倒産は847件で、前月を上回り今年最多を更新していました。企業が倒産していくことで失業率はもちろん増えるでしょうし、アンダークラスも増加するでしょう。一度アンダークラスに入ってしまうとそこから抜け出すのは難しいそうです。

確かに、一度非正規雇用で働いてしまうと正規雇用になるのは難しいですよね。

すでに格差社会の日本。あなたはどの階級で生きていきたいですか?

 

未来にフォーカスする

私はこのアンダークラスについて、メンターである小野和彦さんにコミュニティのセミナーで教えてもらいました。絶対、アンダークラスにはなりたくないと思ったのと、危機感を身を持って感じました。

一生涯を1つの仕事だけで生きていけないことを国は教えてはくれません。
あなたは目先のお金を得ることだけを考えて仕事していませんか?
私は、「未来のために行動できているか」をいつも自分に問いながら毎日を過ごしています。
自分の未来を楽しくて、ワクワクドキドキするような日々が送れるようにするために。
私は、将来仕事をせずに毎日遊んで暮らしたいとはまったく思っていません。
「人のためになる活動をしながら、自分が楽しくなることにお金を使って生きていきたい」と考えています。
自分の描く未来ために、このブログも書いていますし、Googleというインフラで自分のメディアを構築していこうと考えています。
また、自分の未来の人生の質を上げるためにコミュニケーションを学んでいます。
もしあなたが格差社会の中で生きていきたい階級があるのならば、その未来のための行動をしてください。
未来を作るのは現在の自分です。

 

さいごに

生活するだけのお金を稼ぐために生きていてる人は、この機会に現状の自分の行動について見直してみてください。
未来のための行動ができているか。
毎日世の中は変化しています。知らないでは済まされません。あまりにも変化が目まぐるしくて、私自身も嫌になる時もあります。しかし、呑気に平和ボケしている暇はありません。
私は、今が一番踏ん張り時で、頑張り時だと思って毎日を過ごしています。

コメント