眠い・だるい・疲れが取れない|誰でもできる!自律神経を整える方法

ライフスタイル

こんにちはRinです。

最近、「寝ても寝ても眠い」「休みをとってもだるくて疲れが取れない」なんて人はいますか?

毎日のようにテレビではコロナウイルス感染者増加を伝えるネガティブなニュースが多く、コロナ渦のなかで「不安感」を感じて生きている人ばかりだと思います。

毎日の「不安感」から抜け出せず、いっそのことコロナにかかって死んでしまいたいなんて感じている人も多くて、世界的に見てコロナウイルスでの死亡者はそんなに多くない日本ですが、自殺者はかなり急増しています。

5か月連続で自殺した人は前年比増 学生や働く女性などで深刻に
2020年12月22日 4時25分

厚生労働省は21日、医師やNPO、遺族団体などが参加する自殺対策の有識者会議を開きました。

会議で示されたまとめによりますと、先月自殺した人は全国で1835人と去年の同じ月より14%増え、7月以降5か月連続で前の年より多くなっています。

男女・年代別の増加を見ると、女性が20歳未満から60代までのすべての年代で20%以上多くなっているほか、男性は20代で34%多くなっています。

職業別では、学生・生徒で男女合わせて38%、企業に雇用される女性が36%多くなっています。

学生などの若い世代や働く女性などで特に深刻になっていることがうかがえます。

続いて、国から分析を依頼されている社団法人「いのち支える自殺対策推進センター」が増加の背景について報告し、新型コロナウイルスによる雇用や人間関係など社会全体の不安を指摘したうえで、有名人の自殺の報道などが後押しした可能性があると指摘しました。

NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201222/k10012776801000.html

今回は、孤独感や感染不安が募り、うつ状態にならないためにも、「誰でも日常でできる、自律神経を整える方法」をまとめてみました。

私自身も一緒に実践していけたらと思い、この記事を書くことにしました。少し力を抜いて、リラックスして読んでもらえればと思います。

自律神経って?

「寝ても寝ても眠い」「休みをとってもだるくて疲れが取れない」などといった症状で病院に行くとよく、「自律神経の乱れが原因ですね」とお医者さんから言われと思います。

まず、自律神経を簡単にまとめると、「自分の意志では動かせない神経。無意識下で動いているもの」です。

そして、自律神経には2つのキャラクターがあります。それは、「交感神経」と「副交感神経」です。

【交感神経】
アクセル、アクティブと覚えてください。
→交感神経が機能しない時は眠いです。
【副交感神経】
ブレーキ、リラックスと覚えてください。
副交感神経は加齢とともに動きは鈍くなってしまいます。
→副交感神経が機能していないときは焦り感を感じやすいです。

両方機能しない時は、疲労感、疲れが取れないといった現象が体に起きます。自律神経の乱れは免疫力を下げて、老化に繋がってしまいます。

 

誰でもできる!自律神経を整える方法

①生活習慣
②食事
③メンタルケア
④運動

以上の4つの項目で説明していきます。

①生活習慣
【朝】
・早起き(焦り防止)
 
・太陽光を身体で浴びる(体内時計が動き出す、交感神経を刺激することで正常に起動します)
 
・水(うがい、常温の水をのむと副交感神経が機能します)
 
【夜】
・3時間前に食事を済ませる・3940°で15分間入浴する(睡眠90分前に入浴をする)→睡眠

 

②食事
【腸を整える食事を心がける】
・免疫細胞75%、セロトニン(幸せホルモン・安らぎ・愛情・幸福)95%は腸から作られてる。
幸せとやすらぎの臓器が腸なのです!!

・食物繊維(りんご/ごぼう/きのこ/みかん/クルミなど)と発酵食品(納豆/キムチ/ヨーグルト)を摂る。
食物繊維がとれて発酵食品の最強の食事は→味噌汁です。
 
【NG】
・お酒(アルコールが交感神経を過剰に刺激してしまう、脱水、利尿、睡眠を破壊)
 
・タバコ(ニコチンが交感神経過を剰に刺激してしまう、依存性が強い)
 ③メンタルケア
・ルーティンは人間の心を安定させる。(イチローは毎日カレーを食べる・バッターボックスに立つ手順も全て決まっている。それはルーティンを通して心の安定を保つことと、自分自身の変化に気づくため)
 
・音楽(爆音で交感神経を刺激して興奮状態にできる。リラックスする音楽をルーティンで聴くようにするといい)
 
・笑顔(笑うことで筋肉がほぐれる。作り笑いでもいいから笑うと自然とリラックスできるようになります)

 

④運動
・片付ける(部屋の中が片付くと頭の中も整理せれてリラックスできる)
 
・副交感神経を重点的に刺激できるウォーキングが一番おすすめです。(ウォーキングのあとにストレッチをしたり、空き時間にスクワットをやると負荷をかけすぎずに交感神経を刺激できます。ランニングは交感神経を刺激してドーパミンを出せる。)

 

最後に

自律神経を整える方法は、すべて無料で、誰でもできます。

普通で当たり前のことを日常で取り組むだけで、ストレスも軽減できて疲れも取ることができます。

普通のことがなかなか今までできなかったのは、世の中はできないようにするための広告やPRがで溢れているからです。

私自身が実践してみて感じることは、これまで家では寝るだけの生活をしていたのですが、特に「入浴」のルーティンは本当に癒される時間を体感しています。
頑張っていない人なんていません。
生きているだけでみんな十分頑張ってる。
自分のために、日常生活を見直して、ストレスに負けない健康なカラダづくりをやっていきましょう!

コメント