今の生活がずっと続くとしたら、あなたの未来は明るいですか?

コミュニケーション

こんにちはRinです。

所属しているコミュニティ主宰者の小野和彦さんが、あるセミナーでこんな質問をされました。

●毎月自分のためにどれくらいお金を使っていますか?
未来に対する投資は毎月どれぐらいしていますか?

あなたはどうでしょうか?

「月収100万稼げるようになりたい!」と言っている人が、「月5万円セミナー代や本を買ったりしています」と言っていたらどうでしょう?

月5万円の未来への投資で将来月収100万円稼げるようになるのなら、誰もが月収100万円になっているはずですね。

●自分がどれくらい収入を得たいのか?
●それは本業からか?
●副業で稼ぎたいのか?

自分の目的によって投資する額は変わってきます。

 

先行投資のお話

楽天の三木谷さんや、ソフトバンクの孫さん、そしてユニクロの柳井さんも必ず1回1000万円以上のセミナーに参加したり、もっと巨額のお金を投資して学び、資産を作り上げています。

思い出してみると、大学のときの授業料も先行投資です。

ほとんどの人が4月に一括or分割かで授業料の支払いをした後に、大学での学びが始まります。

大学生のときの学費は月に換算すると10〜15万程度の人が多いと思います。社会人になって、「学び」にお金を使えていない人は学生の時よりは自分のために投資するべきだと私は思います。

先行投資という、未来のための自分にお金が使えない人は、一生人生は変わらないからです。

新しいことにチャレンジするときってすごく体力をつかいますよね。自己投資も、チャレンジです。投資して、失敗することもあるかもしれません。反対に、そこからいろんな学びを得たりして成功への道へ進めるかもしれません。

できれば、新しいことなんてやりたくないのが人間です。
だって大変だし、苦労するかもしれないから。
しかし、大変で苦労するから人生って面白いです。

毎日が楽しい事ばかりだったらいいかもしれないですが、辛いこと・苦しいこともあるから一層楽しさは倍増します。はじめの一歩目が大切です。その一歩目を踏み出すことができたら、2歩目、3歩目も進むことができます。

自分の未来を良くしたいと感じる方は「先行投資」の認識をインプットしておいてくださいね。

 

未来をつくるは今の私

私は5年ほど前から、いろんな人と会ったり、たくさんのセミナーにも参加してきました。海外セミナーも4、5回参加していますし、たくさん旅もしてきました。

なんでそのようば行動できたのかというと、「未来が不安だったから」です。

また、所属しているコミュニティ主宰者の小野和彦さんに、「未来年表」という今後予定されている出来事を「政治・社会」「経済・産業」「国際」の軸で整理し、将来の社会の大きな動きを一覧にしたものを教えてもらったからです。

私は現在27歳ですが、年金なんかもらえません。日本の終身雇用も破壊しています。すごく将来が不安でした。

皆さんは認知症が年々増加しているのを知っていますか?
毎日新聞の予測によると、2025年には高齢化の進行で認知症患者が300万人に達するといわれています。

世界保健機関(WHO)が発表した報告書によれば、世界の認知症有病数は現在、およそ3,560万人に上ります。そして、2030年までに2倍の6,570万人、2050年までに3倍の1億1,540万に増えると予測されているのです。
MUFG  認知症の現状と将来推計

地元で離れて暮らしている両親がもし認知症になったら、誰が介護するんだろう?介護費はどうやって支払おう….。

自分の生活で精一杯なのに、介護費なんてなかなか難しいと思いました。例えば要介護4〜5、認知症重度の方は、1ヵ月あたり平均13万円の費用がかかることがわかっています。

介護費が払えないのなら、自分が介護するしかない。ということは働けなくなる。じゃあ、収入はどうなるの?….

そのような現実を知って、私は動き始めたわけです。コミュニティにはいり、信頼できる人から世の中の変化する情報を得たり、現在未来のコンテンツを作り続けています。

未来をつくるのは今の自分です。

未来が不安な人は、まずは自分の信頼できる人、その人のような人生を送りたいと思える人を見つけることから始めてみてください。

コミュニティってなくても生きていけそうですが、やっぱり必要だと思います。「人との繋がり」は生きていく上で必要不可欠だからです。

自分と同じように未来を良くしようと頑張っている仲間がいることがすごく励みになります。

コミュニティの主宰者が自分の利益のためではなくて、本気で会員さんのためにコミュニティを作っているのであれば入っておいて大丈夫です。そんなコミュニティなかなか見つからないと思いますが…。

 

さいごに

私はコミュニティにはいって小野さんから「範疇をひろげる面白さ」を教えてもらいました。

物事は一面からでなく、複数面から見ることが大事です。

今まで自分の範疇のなかで生きてきて、その人生に満足していないのであれば範疇の広い人から範疇を広げてもらう必要があります。

みなさんが普段生活する中で、自分より範疇が広い人はいますか?自分の範疇を広げていくためには、範疇が広い人とい一緒にいることが一番早いです。

人は人生のうち世の中の2%のことしかしか知らずに死んでいくと言われています。

「無知の知」という言葉を知っていますか?

「無知の知」とは、古代ギリシャの哲学者であるソクラテスの、「知らないことを自覚する」という哲学の出発点に向かう姿勢を簡略して表現した言葉です。

無知である自分に気づいた時、人は安易な自己満足でごまかさず、自分と向き合い、真の知に近づこうとする探求が始まります。それはいかに生きるべきかの探求へもつながります。ソクラテスの「無知の知」は、よりよく生きるための指針でもあるのです。

よりよい人生を生きるためには、範疇を広げる必要があるということです。

 

コメント